親族への内祝いは断られる場合もある

お祝いは友人知人や同僚・上司からだけでなく、親族からもらう場合も多いでしょう。お返しをいただいたら内祝いを贈るのが一般的ですが、親族の中には内祝いを断る人もいます。例えば、祖父母や親兄弟など近親者は、内祝いを断る可能性が高くなります。その理由は、近親者からのお祝いの多くは、お返しを全く期待していないお祝いだからです。近親者というこれ以上ないほど近しい間柄において、お祝いにお返しをするという形式を、律儀に守る必要はないと考える人は多いのです。また、親族は高額なお祝いをくれることも珍しくありません。内祝いはおおまかにいただいたお返しの1/3~半額程度が相場と言われています。この相場で考えると、お返しもそれなりに高額のものを考えなくてはなりません。お祝いで逆に負担をかけることを嫌い、内祝いを辞退するケースもあります。

親族に贈る内祝いはどう選ぶ?

内祝いを断ってくれる気持ちはありがたいながら、やはりお祝いをもらって何もお返しをしないのは気が咎めるという方もいるでしょう。そんなときには、相手にあまり気を遣わせないギフトを贈るのがおすすめです。例えば、すぐに消費できる消えものギフトなら、受け取った側もそこまで気を遣わずにいられるでしょう。ある程度日持ちがして商品の種類も豊富なお菓子などが手頃です。また、内祝い定番の品物であるタオルは、日用品なので気負わず受け取ってもらいやすいという利点があります。また、お祝いへの感謝の気持ちを込め、ささやかなギフトに写真付きメッセージカードなどを添えるのも喜ばれやすいでしょう。親族への内祝いは、金額より気持ちを重視して選ぶのがポイントです。